« VIVAさいたま! | トップページ | 月曜祝日はNHK FMで!? »

2007年10月 2日 (火)

第1回ゲスト

今年のラウドパークのヘッドライナー、ヘヴン・アンド・ヘルの2枚組ライヴCDとライヴDVD「ライヴ・フロム・レディオ・シティ・ミュージック・ホール」のリリースに関わってておりますザ・ジョージと申します。先週そのライヴDVDがリリースになりました。CDショップでもかなり大きくディスプレイされていますので是非チェックしてみてください(ちなみに輸入盤は日本では基本的に再生不可能ですので国内盤をどうぞ!)。CDは既に8月に発売になっております。

ヘヴン・アンド・ヘルは御存知の通りロニー・ジェイムズ・ディオ在籍時ブラック・サバスの再結成プロジェクトで、5月にはワーナーさんから新曲3曲を収録した「ザ・ベスト・オブ・ディオ・イヤーズ」をリリースし、そして現在世界中をツアーしてまわっています。そんな彼らが3月30日にニューヨークの名門レディオ・シティ・ミュージック・ホールでのライヴを収録、それが今回の「ライヴ・フロム・レディオ・シティ・ミュージック・ホール」としてリリースされました。

もちろん"様式美サバス"時代の名曲群が2007年に蘇るということだけでも大いなるエキサイトですが、2時間近いライヴの中で個人的に特にノックアウトされたのはやはりロニー・ジェイムズ・ディオのヴォーカルです。この”ヴォイス・オブ・ヘヴィ・メタル”の辞書に衰えというコトバはないのか!とDVDを観ながら何度震えがきたことか。”ダイ・ヤング”~”ヘヴン・アンド・ヘル”での彼の熱きパフォーマンスは是非観ていただきたい!レンジの広さ、声の艶、歌いまわしの見事さ、どれをとってもその素晴らしさに頭が下がります。レジェンドへ最敬礼、です。私はディオも数年前から関わっておりまして、2005年のスピリチュアル・ベガーズとのカップリング・ツアー、昨年のラウドパークでもこのレジェンドに関わることができたのですが、2005年のツアー初日名古屋のサウンドチェックで彼が歌い始めた時の衝撃は今でも忘れられません。そして去年の”チルドレン・オブ・ザ・シー”(この曲を選んだのはやはり今年への布石だったのでしょうか)や”キル・ザ・キング”というサプライズがあった昨年のラウドパークも本当に素晴らしかったと思います。そして今年ロニーはヘヴン・アンド・ヘルとして、3年連続で彼の素晴らしさに触れることができるというこの幸福を是非皆さんとシェアしたいと思います。

そんなラウドパークまであと一ヶ月ですね。みなさん、準備万端でフェスティヴァルを迎えてください!個人的には新作がとてもよかったのでアーク・エネミーを観る時間があればいいなと思っています。

ザ・ジョージ

16:21 | この記事 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221753/16639261

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回ゲスト: